光の熱で肌を活性化

先生

東京には美容外科もエステサロンも多くありますが、昨今では美容外科での、医療行為としてのより強力なフォトフェイシャルの需要が高まっています。施術は、新しい肌細胞による肌の美しさを維持するために、定期的に受けることが大事です

詳細を確認する...

理想の体型になるためには

女性

東京には、肥満タイプを特定するための遺伝子検査を行っている美容外科クリニックがたくさんあります。遺伝子検査を受けて肥満タイプを明らかにすることができれば、より的確な痩身治療を受けることができるようになります。

詳細を確認する...

快適に治療を行うことで

手入れ

ほうれい線にヒアルロン酸を注射する医療機関では、定期的に利用しやすいと言われているため利用がしやすいのです。ほうれい線の下にヒアルロン酸を注入することによって、肌へ刻まれていたものの姿があらわになると言われています。

詳細を確認する...

ほくろを取るとすっきり

簡単に取れます

手入れ

ほくろはチャームポイントと言われることもありますが、口元や鼻などの顔の中心部分に大きな盛り上がったほくろがあると、どうしても気になるものです。 一昔前までは、ほくろ除去の方法は「切って縫う」が一般的だったので傷が残らないかどうかが心配でしたが、今では皮膚科に行くと簡単にレーザーでほくろ除去ができます。 個人の皮膚科の場合は大学病院に比べると予約も簡単ですし、除去したいと思った時に皮膚科に行くとすぐに除去できることが多いです。 費用面では病理検査が必要なほくろ除去は健康保険が適用されるので30%自己負担でできます。自由診療の場合は皮膚科によって異なりますが、1個5,000〜8,000円くらいが相場です。

CO2レーザー

ほくろ除去にはCO2レーザーが適しています。最近はCO2レーザーを設置している皮膚科がたくさんあります。 CO2レーザーは水分に反応し蒸発する性質があるので、ほくろや小さな出来物(いぼなど)を切除することができるのです。 治療方法はとても簡単です。軽く消毒し、細い注射器を使って局所麻酔をかけます。麻酔が効いてきたらCO2レーザーを照射します。ほくろの大きさや個数にもよりますが、麻酔から照射まで5〜10分もあれば終了します。 照射後は化膿しないように軟膏を塗って傷口が乾かないようにします。2日目以降、傷口はシャワーで流して清潔に保ち、軟膏を塗っておきます。個人差はありますが、10日から2週間もすれば傷口に皮膚が張ってきます。傷口が乾かないように軟膏を塗っておくと早く直り、傷口が目立ちにくくなります。